自分の会社に合ったサービスを│自動販売機とオフィスコーヒーの設置

本格的な味を会社で飲める

紙コップ

業務中にコーヒーを買いに行く手間を省きたいと考えている方は、オフィスコーヒーを導入してもいいでしょう。ボタンを押すだけで簡単に、本格的なコーヒーを作ることができます。また、メンテナンスは業者がしてくれるので楽です。

Read

売れそうな立地を選ぼう

販売機

自らが経営するお店の前に自動販売機を設置する場合は、立地を考えて置くことが大切です。まずは、目につくところに置くといいでしょう。せっかく自動販売機を置いても、目立たない場所にあると誰も買ってくれません。そのため、できるだけ人目につく場所に置くといいでしょう。飲食店などを経営している方が、お店の前に置くということは多いと思います。その場所、そのお店の食べ物に合いそうなものを置くことが大切です。たとえば、お餅屋さんを経営している場合、日本茶などを中心に入れている自販機を置くといいとされます。また、たこ焼きやお好み焼きなどの粉物は、ジュースや炭酸類などとの相性が合います。なので、そのような飲み物が入っている自販機をお店の前に置くといいでしょう。逆に、飲み物を販売しているお店は、食べ物が入った自販機を置くことも可能です。しかし、飲み物と違って食べ物を入れる場合は、賞味期限に注意する必要があります。缶ジュースなどの賞味期限は長いことが多いようです。しかし、パン類の賞味期限は1週間程度です。また、消費者が買ってすぐに食べるとは限らないので、賞味期限が近づいたらすぐに廃棄する必要があります。このような性質を持つため、食べ物の自販機は頻繁に入れ替えます。需要がないと、すぐに赤字になってしまう可能性があるため注意してください。食べ物と飲み物の両方の自販機を設置するのもいいでしょう。自販機は大きいため、二つ並んでいると目につきます。また、食べ物を買うと飲み物が欲しくなる方もいると思うので、そのような心理を考えて置くことも重要です。

社内に置く前に考えること

ボタンを押す指

自販機の設置を考えている会社は、社員の仕事の邪魔にならない場所に置くことが大切になります。また、社員の数に合わせた数を置くことも重要になります。さらに、中身も工夫すると社員に喜ばれると思います。

Read

会社に合ったサーバーを

コーヒー

オフィスコーヒーの導入を成功させるには、自分たちの会社に合ったコーヒーサーバーを選ぶことが大切です。設置場所や社員たちからの需要によってそれを選ぶのもいいでしょう。試用期間としてレンタルを利用することもできます。

Read